SEO対策解説


このページでは具体的なSEO対策を紹介します。

外部リンクの制限

外部リンクはリンクファームに注意。基本的に同じテーマのサイトとリンクしましょう。
リンクは静的テキストリンクが効果的イベントをJavaScriptで受けてリクエストページにリンクする方法は使用しない。GoogleページランクやYahoo! Web Rank を認識し上位サイトからの被リンクを増やしましょう。


アンカーテキストマッチ

アンカーテキストとは、キーワードをテキストリンクでリンクをする事を指します。
<a href="
URL">検索結果で上位表示させたいキーワード</a>
この様に記述して、クリックできるようになったテキスト文字 のことです。
アンカーテキストでリンクを受けると、効果的に検索エンジンにヒットされやすくなります。


内部リンク

外部リンクと違い、内部リンクは自分のサイトなので自由。Googleは外部リンク、
yahoo!は内部リンクを重要視するという。全てのページにトップページへのリンク(誘導)が必要。内部リンクを増やすことでこれらの効果が期待される。
 @トップページへの被リンク増加でページランクが上がる
 Aユーザビリティの向上に繋がる
 B検索結果の上位表示に繋がる
   


トップリンクについて

トップリンクはSEO的に効果があると言えます。トップ相互リンクを多く掲載すると来客にも嫌われますし、なにより検索エンジンに嫌がられます。大体30から多くても50に抑えましょう。トップリンクを多いと感じたのであれば、もう一度良く考え直してみてください。


サイトの作りの工夫

<h1>タグは1ページに1つ。<body>のできるだけすぐ後、<h2>よりも前に書く
→文章全体の階層構造を作るように
<title><h1><h2>などの見出しタグの内容から、無関係なテキストを減らす
→ページのサイズは100Kバイト以下に。大きすぎるページは最後まで見ない
キーワードに関連深いコンテンツはページの最初の方に置く
→最初のコンテンツは重要視される
ページ間の移動はJavaScriptではなく<a>タグで
→プログラムがたどれるリンク構造が重要
テーブルレイアウトよりCSSレイアウト
→パフォーマンスにも効果

ロボットのアルゴリズム対策

アルゴリズムの関係上、左上から読み始める。キーワードを左上近くに置くこと。
各エンジンとも共通して、ページタイトルを重視する。
<BODY>内のキーワードを検索対象としている
画像で書かれた文字を読み込めない、フラッシュは画像扱い
H1タグはサイトに一回限りで使用。

ページ「タイトル」の重要性

ロボット型検索エンジンが、検索結果を上位表示するための順位づけを行う際、最も重要視されるのが<TITLE>タグです。<TITLE>タグはWEBページのテーマを最も簡潔に表現する語句で、適切なキーワードを含めることによってWEBポジショニング(検索結果の上位表示)に大きく貢献します。このため文書の中でも特に検索結果にヒットさせたいキーワードを<TITLE>タグに記述しておくことが、非常に重要になります。


ランディングページの作成
特定のキーワードに特化したSEOを施されたページをランディングページという。
それがウェブサイトの入り口になるので、ランディングページを増やす事で多くのキーワードに対応したウェブサイトにする事が出来る。


画像でのSEO対策
PEGGIFなどのイメージファイルに、ALT属性をつけたうえで、そのイメージの適切な説明を入れるのは、正しいHTMLを記述するためにも忘れてはならない作業です。イメージファイルにリンクを張る場合も、ALT属性 にリンク先ページの説明文を入れておけば検索エンジンのクローラーにきちんと認識されるようになります。また、画像に画像のURLを入れるとイメージ検索でHITしやすくなります。


スパム扱いされるテクニック

@背景色と同色の文字で大量のキーワードを埋め込む方法。
A目に見えない程のフォントサイズでキーワードを記述する方法。
BCSS(スタイルシート)を使いキーワードを見えなくして記述する方法。
C無意味な大量のページを無造作に作り、TOPページへリンクさせる方法。

などなど・・・危険を冒してアクセスアップするのは辞めましょう。

SEO対策.comにお気軽にご相談ください!!

有効なキーワードがわからない、検索エンジンでの順位を調べて欲しい、サイトの診断をしてほしい、SEO対策がよくわからないなど、SEO対策施行に関する疑問はお気軽にご相談ください。お客様のご相談やサイト診断を行い丁寧にご説明いたします。ご相談やサイト診断を行い丁寧にご説明いたします。


⇒SEO対策.comトップページへ