異様なほど格安な値段を提示する、着手金はもらうが何もしない「成果報酬」のSEO業者

検索エンジン登録1万件登録をたったの5000円程度で登録代行をする業者が。通常100件登録でも3000円程度とる企業がほとんどなのにもかかわらず、1万件でたったの5000円なんてむしが良すぎますよね。こういう場合、金額をいただいて実際に登録していない場合なんかもあります。

また、成果報酬型を謳うとあるSEO業者がおり、たとえばこんな話がある。

ある企業のWeb担当者が飛び込みのSEO業者から営業を受けた。業者はSEOの重要性を説き、プランを説明した。

弊社は成果報酬制となっております。ご希望のキーワードで御社のウェブサイトの表示順位が上がったときにだけ報酬をいただいております。

報酬金額も妥当なので契約し、着手金として3万円を支払う。しかし、その後、業者から検索結果の月次レポートは送付されてくるものの、肝心の検索順位はまったく上がらなかったそうだ。

勘のいい方はお気づきかもしれないが、悪質なSEO業者の典型的な手口だ。この業者は実際には契約後何も作業を行わず、たまたま順位が上がったときにだけ報酬を請求し、そうでなくても着手金はしっかりと得ているのだ。どちらに転んでも業者にはリスクはない。

ある業界関係者が筆者に教えてくれたこの事例はひどすぎるにしても、SEOを謳う業者の中には、適切だとはいえない手法を使っている例が少なくないという。

被リンク数を増やすあの手この手

SEO業者が使っている「被リンク数を増やす手法」をいくつか見ていこう。

まず思いつくのは、SEO業者が自らさまざまなサイトを運営し、そこから顧客のサイトに対してリンクを貼るという手法だ。SEO業者が運営するサイトにはさまざまな種類があるが、カテゴリごとのちょっとしたリンク集が多い。しかし、中には、有用な情報を掲載しているサイトをジャンルごとに保有しているメディア企業のようなSEO業者もいる。

だが、無関係なサイトへのリンクを集めただけのサイトもある(料金を取ってリンクを貼るところもある)。さらにひどい場合には、ネットから適当に取得してきたRSSのコンテンツを単語に分解して機械的に組み合わせることで、意味を成さない“コンテンツ”を大量に生成するスプログ(スパムログ)と呼ばれるサイトを作成しているケースもあるという。これらのサイトも、そしてそこからのリンクも、ネットユーザーにとって有用なものだとは決していえず、明らかに「検索エンジンでの順位を操作する」ことが目的だ。

悪徳SEO業者に依頼するリスク

このような手法を使っている業者にSEOを依頼すると、たしかに効果が出る場合もある。しかし、検索エンジンがそういった手法にペナルティを加えた場合、ある日突然、順位が大幅に下がってしまうこともあり得る。それならば問題となった手法をやめればいいのだが、最悪なのは、「SEOスパムをしているサイト」だとネットユーザーに暴露され、企業のブランドに大きな傷がつく可能性があることだろう。

このようなことにならないように、Web担当者はSEO業者と契約する前に、目的、手法、効果測定方法、料金体系などをしっかり確認しておく必要がある。

突き詰めるとSEOの目的は、自社のサイトが提供する「価値」を求めている人(潜在顧客)に対して、検索エンジンを使った動線を確保することだ。まずはこの事をしっかり理解する必要がある。

そのためには、その人が必要とする有用な情報をしっかりと用意したうえで、それを検索エンジンにわかってもらうように工夫するのが基本となる。そういったアクションをせずに検索エンジンで順位が上がるのならば、「何かがおかしい」と注意するべきだろう。

トップページへ